コロナ

コロナ死滅のASKAのオゾン水機械SAYONARAの価格や購入方法は?実際に効果があるの?新型コロナウイルス対策

ASKAが開発したオゾン水機械SAYONARAが新型コロナを死滅させる?

ASKAが開発したオゾン水機械SAYONARAが新型コロナを死滅させる?

『ASKA』氏が、Youtubeに投降した動画によると、今現在の『新型コロナウイルス』の蔓延については、想定をしていなかったものの、7年前から、「すべての匂いを無臭化してしまう」「すべての雑菌やウイルスを、死滅させてしまう」機械を思いつき、企業と組んで開発をしていたと言います。

「すべての匂いを無臭化してしまう。すべての雑菌、ウイルスを死滅させてしまうという機械を思いつきまして、すでに7年前から開発に入っておりまして、2年前には開発に成功しました」

「この地球上のすべてのバクテリア、雑菌、ウイルスはオゾンによって簡単に死滅します。1ppmのオゾン濃度があれば、死滅してしまいます」

「われわれが今回開発した機械は、オゾン濃度5ppmまで達しました。これを全世界の皆さんのご家庭に早くお届けしたい」

引用:週刊女性PRIME

実際は専門家から見てもウイルスだけでなく人にもがいがあるのでは?など懐疑的な意見が多そうですね。

実際オゾン水精製装置SAYONARAの効果がどうなのか気になるところです。

ASKAが開発したオゾン水機械SAYONARAは本当に効果がある?人体への害は?

ASKAさんが開発したオゾン水精製装置SAYONARAは効果があのか気になりますね。

調べたところオゾン自体はウイルスを死滅させる効果は確かにあるようです。

専門家が話す“オゾン”とは

酸素原子が3つついた『O3』がオゾン。殺菌や脱臭などの効果があるため、浄水場など幅広い分野で利用されているという。

高い殺菌力があるということは事実です。また、霧も含めた“オゾン水”が、コロナウイルスに対しても殺菌効果があることを示した学術論文も確かに存在します

そう話すのは、新潟大学名誉教授で、医療統計の第一人者と呼ばれる医学博士の岡田正彦先生。しかし、ASKAのオゾン水スプレーについては「きわめて危険」と警鐘を鳴らす。

 

なるほど、ppmというのは濃度の単位であり、ASKAの機械は5ppmの濃度のオゾン水を作ることができるようですね。

しかし一方で濃度が濃すぎると人体の細胞レベルまで死滅させてしまうので非常に危険と警鐘を鳴らしています。

「まず濃度が非常に高すぎますね。オゾンというのは自然界にも微量ですが存在しています。場所にもよりますが0.02ppmから0.05ppm程度。

5ppmというのはものすごい高濃度。そのくらいの濃度のオゾンを人間に使うとどうなるかという厳密な検証データはありません。オゾンを使った治療に関しては、それ以上に効果があり、安全性も高い抗生物質がありますので、現在は行われていませんね」(岡田先生)

どうやらASKAさんが開発したオゾン水精製装置SAYONARAは濃度が濃すぎて危険なのでは?という意見が専門家の中であるようですね。

というか抗生物質で十分と言われてしまっています。

●0.1ppm程度から鼻、のどの刺激
●0.2~0.5ppmで視力の低下
●0.4~0.5ppmで上部気道の刺激
●0.6~0.8ppmで胸痛、せき
●1~2ppmで疲労感、頭痛、頭重、呼吸機能の変化
●5~10ppmで呼吸困難、脈拍増加
●50ppm以上で生命の危険が起こる
(特定非営利活動法人 日本オゾン協会発刊『オゾンハンドブック』より)

ASKAさんが開発した機械によると、

「精製したオゾン水濃度を10分間2ppm以上で維持させることに成功しました。専門医師によれば、2ppmのオゾン水であれば、現在地球上のどんなウイルスをも死滅させることができるとのことです」

と話しています・

しかし2ppmのオゾンは、疲労感、頭痛、頭重、呼吸機能の変化が出てしまうという研究結果が出ているのでちょっと普通うにやばそうですよね。

施設の除菌殺菌に使うのであれば、有用だと思いますが、それでもアルコール消毒など既存のものtp切り替える有用性が見えてきませんね。

 

1 2 3 4