ニュース

三菱電機サイバー犯人の中国ハッカー集団Tickって何?株価大暴落!

三菱電機がサイバー被害で情報流出

三菱電機が中国系とみられるハッカー集団から大規模なサイバー攻撃を受け、機密性の高い防衛関連や鉄道などの情報が流出した可能性があることがわかったという。

きょうの朝日が1面トップで「三菱電機にサイバー攻撃」との見出しで大きく取り上げている。

記事によると、本社や主要拠点の少なくとも国内外の120台超のパソコンや、40台超のサーバーに不正なアクセスを受けたことが社内調査で判明。
三菱電機は不正アクセスの手口などから、防衛関連の機密情報を主に狙う中国系のサイバー攻撃集団「Tick(ティック)」が関与した可能性があるとみているという。

その被害としては自社の情報に加え、防衛省、環境省、内閣府、原子力規制委員会、資源エネルギー庁など10を超える官公庁や政府機関、電力、通信、JR・私鉄、自動車の大手を中心に少なくとも数十社の国内外の民間企業に関する様々な情報が不アクセスを受けたという。

朝日の記事によれば、三菱電機が社外からの不正アクセスの疑いに気づいたのは昨年6月下旬。情報技術総合研究所(神奈川県鎌倉市)のサーバーで不審なファイルの動作を検知したのが端緒だったとみられる。

三菱電機では、過労自殺の問題から「働き方改革」を掲げて長時間労働を抑制する方針を打ち出すなど、ネガティブな話題も多いが、今度はまさかの国家の機密情報などが含まれるサイバー攻撃とは、詳細は明らかにされてはいないものの怖い話である。

 

三菱電機は昨年もパワハラで自殺者が出てブラック企業大賞を取ったばかりですね。
上場企業で日本を代表する技術も多数保有する会社で、今回のようなサイバー被害は本当に勘弁してほしいですね。

【ブラック企業大賞2020】三菱電機パワハラ上司の名前はだれ?経歴実名特定?自殺被害者も特定?

三菱電機へのサイバーアタックの犯人はサイバー攻撃集団Tick(Bronze Butler)

今回の三菱電機へのサイバー攻撃の犯人ですが、中国のサイバー集団Tick(Bronze Butler)と報道されています。

今回の三菱電機のサイバー攻撃をまとめると

  • 気付いたのは半年前
  • 機密性の高い防衛関連、電力や鉄道のインフラ、官民の取引先に関する情報が盗まれた可能性
  • 攻撃したのは中国のサイバー攻撃集団
  • 狙われたのは中間管理職のPC

ということになります。

中国のサイバー攻撃集団Tickが犯人ということですね。

同社は不正アクセスの手口などから、防衛関連の機密情報を主に狙う中国系のサイバー攻撃集団「Tick(ティック)」が関与した可能性があるとみている。

引用:朝日新聞

中国、、、と聞くと国がらみでハッキングしているのではないか、、、と勘ぐってしまいますね。

1 2 3 4