コロナ

コロナウイルス検疫中のダイヤモンドプリンセスの船内がヤバイ!乗客による実況まとめ|クルーズ船のtwitter投稿

クルーズ船「ダイヤモンドプリンセス」号とは

クルーズ船「ダイヤモンドプリンセス」号とは

クルーズ船「ダイヤモンドプリンセス」号とは

ダイヤモンド・プリンセスは、2004年に三菱重工業長崎造船所で建造されたました。

造船当時は姉妹船の「サファイア・プリンセス」と並んで、日本で建造された客船としては史上最大だったそうですね。

ダイヤモンド・プリンセスの全長は290メートル、総トン数は11万5875トンの威容を誇り、乗客定員は2706人、乗組員数は1100人。
巡航速度は22ノット(時速約41キロ)。

ダイヤモンド・プリンセスは半世紀以上の歴史があるアメリカのクルーズ会社「プリンセス・クルーズ」が運航しており、2014年からは日本発着クルーズを開始しました。

 

ダイヤモンド・プリンセスは日本人リピーターが多いことでも知られており、乗客の半分は日本人なんだとか。

そのため、ダイヤモンド・プリンセスの船内は

大規模改装で大浴場「泉の湯」、寿司レストラン「海(Kai)寿司」などがあるんだそうです。

日本発着の際には日本語ができるクルーが約100人乗船するなど、日本語サービスも充実しているんですね。

クルーズ船「ダイヤモンドプリンセス」号の船内の様子【コロナウイルス検疫】

ダイヤモンドクルーズはさまざまなイベントが開かれる三層吹き抜けのアトリウムがあるほか、夜間には映画を上映する屋外プールもあリマス。

劇場、カジノ、屋外シアター、フィットネスセンターなど豪華な設備が盛りだくさんですね。

 

 

1 2 3 4 5