コロナ

岩田健太郎(神戸大教授)は結婚して妻や子供がいる?経歴や学歴まとめ?

岩田健太郎はなぜ批判されてるの?

感染症のプロともいわれる立場の岩田健太郎・神戸大教授が、大型クルーズ船のダイヤモンド・プリンセス号に2月18日に乗船しました。

感染症のプロとしての立場で語るその驚愕の船内の様子を語る動画が大きな波紋となりある意味、批判もされている状況です。

動画の中で語られている言葉は、「ものすごい悲惨な状態で、心の底からこわいと思った」「COVID-19(新型コロナウイルス)に感染してもしょうがないんじゃないかと本気で思いました」「(船内は)カオス」などという表現で始まり、ここにきて、危機的状況を明確にしています。

すでに検査の結果、陰性とされている方々が下船している状況で、本当にその後、帰宅して普通の生活で過ごせるのでしょうか。

感染症のプロ、岩田健太郎・神戸大教授の動画は今、話題になっている反面、批判されているのはどうしてでしょう?

まずは順を追って、岩田健太郎・神戸大教授の動画をみていきます。

なぜ岩田健太郎・神戸大教授はクルーズ船に入り、一日で追い出されたのか?

岩田健太郎・神戸大教授は2月18日の朝に船内に入って、その日のうちに船外に出され、同日、動画を公開しています。

動画の冒頭で岩田健太郎・神戸大教授は、「岩田健太郎・神戸大教授一人の見解(神戸大学などの機関などとは関係ないとしています)」として語っています。

2020/02/18 に公開

クルーズ船の中で新型コロナウイルスの感染がどんどん広がっていることで、岩田健太郎・神戸大教授は感染症のプロという立場で、船内の安全対策が上手くいっていないという懸念を持っていました。

その中で個人として何とか、その船内に乗船出来ないかという事で動いていたそうです。

そんな中で中にいる方から「とても怖い」というメッセージをもらい感染症のプロである、岩田健太郎・神戸大教授に助けを求めてきたと言います。

厚労省の方から連絡があり、中に入れることを伝えられ、どういう立場で入れるか考えましょうということで、環境感染学会のメンバーとして入れなく、最終的に厚生労働省によって発足されている「災害派遣医療チーム(DMAT)」のメンバーとして入ったという事です。

ただこの時に約束として、『DMATの一員として、DMATの仕事をただやるだけだったら入れてあげる』ということになり、船内に入れた経緯があったとか。

ここで思いますよね。そんなにひどい船内の汚染環境の中で、感染症のプロである岩田健太郎・神戸大教授が行くというのに、なにか感染症のプロとしての仕事をするには、「まずいことでもあるのか!?」と素人目にも勘ぐってしまいます。

感染症のプロ、岩田健太郎・神戸大教授の見解

 

アフリカのエボラ出血熱や中国の重症急性呼吸器症候群(SARS)が流行している際の現場の話と比較し、

「アフリカにいても中国にいてもこわくなかったが、ダイヤモンド・プリンセスの中はものすごい悲惨な状態で、心の底からこわいと思いました」と話している。

そのうえで、自身が感染しても「しょうがないと本気で思いました」としている。

引用:朝日新聞DIGITAL

感染症のプロであり、自分がそれらの感染症にかからないと熟知していた人なので、岩田健太郎・神戸大教授は、自分がこれまで目の当たりにしたエボラやSARSの現場でいても怖いと思ったことことがないと言います。

そんな方が、ダイヤモンド・プリンセス号の船内にはいって怖いと思ったその状況で14日間も軟禁?状態にあった乗客の皆さん…..。

これは感染拡大すべき状況に船内があった、そして今現在もそうであるということですよね。

その恐ろしさをプロの立場で見た岩田健太郎・神戸大教授が自身に判断で公表(いい方はもっともらしいですが、『内情をばらした』ということなのでしょう)してしまったのですから、日本政府としては大変なことをやってくれた(動画配信)といことなのでしょう。

1 2 3 4 5