スポーツ

一山麻緒(ワコール)の経歴プロフィールや成績は?家族や彼氏はいるの?

一山麻緒さんの経歴プロフィール

名前:一山 麻緒(いちやま まお)
生年月日:1997年5月29日
出身:鹿児島県出水市
身長:158cm
体重:43kg
経歴:出水市立出水中学→出水中央高校
所属:ワコール 情報システム部 基幹情報システム課

自己ベスト
・1500m 4分28秒35
・3000m 8分53秒54
・5000m 15分24秒17
・10000m 31分34秒56
・ハーフマラソン 1時間08分49秒
・フルマラソン 2時間24分33秒

一山麻緒さんの経歴

 

この投稿をInstagramで見る

 

#全国女子駅伝 #9区 #一山麻緒(#京都 :#ワコール ) 【区間記録】32:12 (6) #都道府県対抗女子駅伝 #ekiden #kyoto

takuya morimoto(@photo_morimoto)がシェアした投稿 –

一山麻緒選手は、小学校の徒競走で一番になれなかった時の悔しさから陸上を始めました。

中学時代は陸上部に所属し、800メートル1500メートル県大会入賞を果たしています。

中学卒業後は、地元の出水中央高校に進学。

出水中央高校はスポーツに力を入れている私立の高校です。

出水中央高校では、全国高校駅伝への出場を目指しましたが、残念ながら3年間とも出場はかないませんでした。

一山麻緒選手は、高校3年生の時に1500メートル3000メートルインターハイに出場していますが、予選落ちに終わり、決勝進出はなりませんでした。

しかし、3年生の時は鹿児島県の高校駅伝大会で1区を担当し、区間2位という成績を収めています。

一山麻緒の実業団時代の経歴

高校卒業後は「東京五輪でマラソンを走りたい」と、憧れの福士加代子選手のいるワコールへ入社します。

ワコールでは入社1年目の全日本実業団女子駅伝(クイーンズ駅伝)1区を走り、区間新記録を達成!

さらに翌2017年2月の日本陸上競技選手権大会クロスカントリー競走ではシニア8km部門で優勝を果たし、日本代表にも選ばれました。

また、2年目の2017年には日本選手権に初出場。

10000メートル5000メートルで、どちらも4位に入っています。

同年、サフォークランド士別ハーフマラソンと、バージニアハーフマラソンで優勝しています。

2018年は、全国都道府県対抗女子駅伝で9区を担当し、2位となりました。

また、第4回プリンセス駅伝では3区を担当し、区間賞を獲得しています。

2019年の東京マラソン初マラソンを経験。

2時間24分33秒の好記録で、日本人トップとなる全体7位でゴールしました。

1 2 3